2005.1.29

どうしてか、画像がみられなくなってしまった。一応、原因は究明中だけど、いつ復活するやら? …と思ったら、見られた。サーバの容量が問題だったらしい。
教えてくれたみんな、ありがとう。
これからも、よろしく。

(COTES DU FRONTONNAIS『Le Roc 2001』)

2005.1.28

地酒の記事を書いていたら、
狂おしいほど美味しいものに思えて、
日本酒は苦手なのに、 呑みたくなってきた。
でも、金曜日はワインの日。

(HANS WIRSCHING『2002 SILVANER trocken』)

2005.1.23

エスカレーター。
東京では、急ぐ人のために右側を開ける。
大阪では、急ぐ人のために左側を開ける。
静岡では、急ぐ人がいない。

(SAPPORO『ドラフトワン』)

2005.1.22

うそをついているわけじゃない。

(『デンキブラン』『富乃宝山』)

2005.1.19

昨日に引き続き。 例えば私は、過去の恋人と同じタバコの匂いや香水の香りに、ハッとすることがあります。人それぞれ、過去の恋の記憶というのは五感のどこかに必ず刻まれています。思うに、恋というのはすべて“初恋”。初めて手をつないだり、初めてキスをしたり、初めて抱きしめあったり。その時に感じるぬくもりというのは、自分の歴史を塗りかえるほど衝撃的です。そして次の恋の時にはまた、塗りかえられてしまうのです。

2005.1.18

NONA REEVESいいですね。ホントにいい。恋はセクシィなフレイバーで、テクニカルなフィンガー。よっくわかります。こころもからだも感じあわなきゃダメ。なんだか原点に(初恋の頃に)帰った気がしています。

(ASAHI『スーパードライ』)

2005.1.16

森博嗣、という人のミステリがとても好きなのですが、最近はじめて彼のエッセイを読みまして、あんまりにも自分と感覚が似ていて驚きました。人間観、というか人生観、というか世間感覚が。ガガーリン。もっとも、私は理屈をこねくり回す純文系ですけどね。

(ASAHI『スーパードライ』)

2005.1.15

「超」が“超新星”以外の意味で使われることの方がデフォルトになってきましたね。ここ数日は、会話が成立しないことにもどかしい思いでいっぱいでした。こんなことを感じるのは久しぶりです。周りがカシコイ人ばかりだったからでしょう。今さら、気づきました。

(『LA CASTAGNOLO CHARDONNAY PIEMONTE 2003』)

2005.1.12

今までの絶不調が不思議になるほど、
歯車がかみ合っていきます。
うまくいくときって、そういうものです。

2005.1.11

何がそんなにイヤって、小学校のような風潮と、あまりの期待の大きさ。別に認めないわけではないけれど、私には合わないって話。
ともあれ、もがいていくうちに何かしら光が見えてきました。そうこなくっちゃ!

2005.1.10

迷いがあるときは、どうしたってネガティブ。あまりに両極端な選択肢をどう選べばいいのか、まったくわかりません。もしかしたら強引さに惹きこまれてしまうかもしれませんね。“犬”はまだ10%です。なんだってこんなに忙しいんでしょう。貧乏ヒマなし、とはよく言ったもんです。

(KIRON『やわらか』)

2005.1.8

起きたら、昼でした。
こころ以上に、体力の消耗が激しかったようです。
しばらく、がむしゃら期が続くでしょう。

(KIRON『やわらか』)

2005.1.6

悪くない。
まだまだ、悪くない。

(SAPPORO『黒ラベル』)

2005.1.5

ほら、また。
眉間にシワを寄せてる。

(KIRIN『一番搾り』)

2005.1.2

夢は見ませんでした。珍しく。

やっぱり、最初も最後も神頼みですね。

(LOUIS TETE『Le Tot Beaujolais Villages Nouveau』)

どこへ戻る?
2012/1 2 3 4 5
2011/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004/5 6 7 8 9 10 11 12

INDEXへ